トップへ戻る

 

側弯症、腰痛、肩こりでお悩みの方はエスボディジャパン S-BODY JAPANへ

 ご予約はこちら
  1. Top
  2. スタッフブログ
  3. 知っておきたい側弯症「予防と対…

知っておきたい側弯症「予防と対策」

2020.06.17

S-BODYJAPANの大杉です。

今日は知っておきたい側弯症の改善策をお伝えします。

 

側弯症の「改善策」

●自分の姿勢バランスを知ること

●悪化させない様に予防をする

●正しい情報と臨床に基づく適切な治療を受けること

 

 

知っていますか?自分の体のクセ

些細な生活のクセが体を歪めていきます。

・勉強の際に首を傾けるクセ
・デスクワークの際に頬杖をつくクセ
・片方に重心をかけて立つクセ
・スマホを見る時の姿勢

 

↑↑何気なくやっていることですよね。

 

何年も何十年も同じことをやっていると関節や筋肉に負担となってダメージに繋がります。
だからこそ、私たちは細かなヒアリングによって体のベースから良くしていくということを最重要視して改善へと進めていきます。

 

側弯症は予防が要!

側弯症だと自覚していながら何となく放置している方、痛みがあるがどう対処すれば良いか分からない方が多いです。
もちろん当院では骨格矯正(背骨や骨盤の調整)で側弯症による体のひずみを改善していきますが、併せて大切なのが「予防」です!

なぜなら、歪みが強くなる原因が生活の中にあるからです。

例えば…
 ・重いカバンを持ち歩く
 ・座り方(横座り、体育座りなど)
 ・寝る姿勢

 
体が悪くなる原因を自分自身が理解していないとまた悪くして、改善してもイタチごっこになってしまいます。
※虫歯を治療しているのに、寝る前にチョコレートを食べている様なことと同じですね

 

 

お客様の症例:歯科助手さん

座る方向がいつも同じで、常に体を左にひねって器具を操作する。
だから、背骨や背筋がねじれて肩の高さも左右でアンバランスになり、それが原因で腰痛や肩こりが起こる。

〈骨格矯正〉
側弯症特有の脊椎のねじれを調整する

〈予防〉
縮んでうまく動かなくなってしまった筋肉を家でのセルフストレッチで動かしていく。
仕事上のクセを知って、できるだけ悪い状態に引き戻されないようにアプローチする。

 

 

セルフチェックをしてみよう!

 

自分の姿勢バランスをチェックして、分かりやすいのは肩の高さの左右差です。
でも、実は耳の高さや骨盤の高さにも左右差がある可能性があります。
そして、体を側面から見てみてみてください。
首が前に出ていたり、お腹が前に突き出ていませんか?

 

側弯症の疑いや、首が痛い、頭痛がするなどの症状をお持ちの場合はセルフ姿勢チェックを行いましょう。

姿勢バランスによって必要なストレッチを行うと、歪みの予防になりますよ。

 

↓↓親子で側弯症のお二人

ストレッチの写真を送ってくださいました(^^♪

首が左に傾いて首と足に痛みがあるお二人のセルフストレッチ

 

※参考となるテキストが欲しい方はこちらをどうぞ

 

 

 

これは基本!「正しい知識と情報」

 

残念ながら、側弯症の診断を受けても病院でできることは限られています。
経過観察か手術、大きく分けてこの二つです。

 

これらは対処であって根本的な解決策ではありません。

 

経過観察はその名の通りレントゲンを撮って観察するだけです。
手術はリスクが大きく、メスや器具を入れることによる後遺症に悩まされるケースもよくあるので、本当に手術が必要な状態なのかを判断する情報は必要です。
※後遺症とは、脚のしびれや腰痛、椎間板ヘルニアなど

10代女性 主訴:頭痛、腰痛、肩こり

 

 

体にメスを入れずに、できる限り正常な体のポジションに戻して「改善」を目指す私たちは、いつもお客様と二人三脚です。
正しい体の知識を伝えて理解してもらい、納得してもらってから治療をスタートします。

 

体のしくみや、ナゼ姿勢が大切なのか⁉が分かる勉強会も開催しているので、ただ施術に来るだけでなく、お客様にも楽しんで来て頂いています。

 

S-BODYJAPANは日本で数少ない側弯症治療院です。
これからも、より多くの方に正しい知識と予防の必要性を伝えていきます。

 

 

 

京都市中京区
烏丸御池/四条河原町より徒歩10分

S-BODY JAPAN(エスボディジャパン)

 

「美と健康は正しい姿勢から」
安心、安全な技術と知識を提供します。
#健康になりたい
#美しい姿勢
#側弯症治療
#側弯症矯正

 

 

京都で整体・カイロ・マッサージ・接骨院などの治療院をお探しの方、
どこへ行けばよいかお悩みの方はご相談だけでもお気軽にどうぞ
【肩こり/腰痛/首痛/膝痛/不眠/頭痛/生理痛/ヘルニア/狭窄症/不妊症/自律神経失調症/
体の歪み/子供の症状/スポーツ障害/パフォーマンス向上】