トップへ戻る

 

腰痛、肩こりでお悩みの方はエスボディジャパン S-BODY JAPAN(カイロプラクティック堺町六角)へ

  1. Top
  2. スタッフブログ
  3. 200回目の側弯症ケア
200回目の側弯症ケア
2019.07.17

こんにちは

S-BODY JAPANの大杉です(^^♪

 

「通い出して、もうすぐ200回目ですー!」

「えーっ200回ですか⁉」

その前に、毎回数えてるのがビックリですよ~なんていう会話が先日ありました。

 

側弯症の方は毎日何人もお越しになりますが、約8年通われている方が来られていました。

側弯の度合いがきつく、頭痛と腰痛、背中痛の症状が出てきます。

 

施術が終わってからお子さんの話をしていると、

「いや~私ここに来ていなかったらもうボロボロで本当にダメだったと思います(>_<)

これからも、宜しくお願いします。」

と、言って頂いて、身が引き締まる思いがしました。

 

お仕事をされていた時は体にとって仕事内容がキツくて限界だったそうです。

仕事、結婚、妊娠、出産、育児と生活が変化するたびに姿勢も変化し、側弯症の状態にも時に大きく影響を与えます。

 

でも、生活は変化するものです。

その度に今の体の状態を把握して、自分の体とコミュニケーションをとれるようにしていくと良いと思います。

知らないままだと、

どうして背中が痛いのか?

どうして頭痛が起こるのか?

どうして眠れないのか?

原因すら分からないままどんどん下降線を辿ります。

 

例えば、、

●子供の抱っこの仕方

●床から立ち上がる時の体の使い方

●椅子の座り方

●車の運転姿勢

●歩く時の目線

●筋トレの仕方

 

↑こんな風に、

私たちは、今の不調を「無くす」ことを最終的な目標にしているのではなく、

その不調を繰り返さないために、生活習慣から徹底的に探って「予防」します。

すると、「これをすると腰にアカンねな~」というのが分かってくるのです。

 

だからうちのお客さまは、

家で姿勢チェックができるようになるくらい体の知識を持つ方も多いです。

すごいでしょ!笑

 

人の役にたちたい”で始まった私のこの仕事。

責任と覚悟を持ってやっていきたいと思います。

笑顔でお待ちしております♪

烏丸御池/四条烏丸より徒歩10分

S-BODYJAPAN