トップへ戻る

 

京都市中京区、腰痛、肩こり、頭痛、しびれ、骨盤矯正、足膝の痛み、眼精疲労、女性の悩み、寝違え、S-BODY JAPAN(カイロプラクティック堺町六角)

  1. Top
  2. 気になる症状

- 腰痛 -

腰痛

まず、腰痛には内臓疾患が原因のものを除いて、主に2つに分けられます。
① 腰を支える筋肉が硬縮することによる痛み → 腰にかかる過度の負担が原因 特にデスクワーク中心の方、介護職などの中腰の姿勢が多い方、ハイヒールをよく履く方などは腰に負担がかかりやすいです。
② 神経圧迫による痛み → 腰椎のズレや傾きによる脊髄神経の圧迫が原因 腰椎のサブラクセーション(脱臼以下の関節のズレ)、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などが原因で発生するしびれや痛み。(坐骨神経痛など)
もともと、人間の脊柱は構造的に大きな無理があるため、まっすぐ垂直に立つために常に身体のバランスをとる必要があります。 詳しくはこちら

ご予約はこちら

- 頭痛 -

頭痛

朝から頭痛で家事も手につかない。
休日になると頭痛がして寝込むことがある。
長年、頭痛で悩んでいる方の中には薬を常用している人もおられますが、薬を飲み続けることにはリスクが伴います。
できれば、薬なしで生活したいですよね。
頭痛の原因をよく知らないまま放っておかないで、改善していく方法を見つけてみませんか?
頭痛は大きく分けると「偏頭痛」と「筋収縮性頭痛」に分けられます。
① 「偏頭痛」の原因で多いのは、頸椎の椎骨動脈の圧迫による血流障害や頸椎のズレや傾きによる神経圧迫です。また、猫背の姿勢で頭蓋が圧縮されることによる血流圧迫によって起こります。
② 「筋収縮性頭痛」はデスクワークなど同じ姿勢を続けることによって起こる筋肉の過緊張やストレス、過度の集中で起こる頸椎の筋疲労によって発生します。
圧迫感や締め付け感、目の疲れといった症状も伴います。
詳しくはこちら

ご予約はこちら

- 肩こり -

肩こり

人の頭はだいたい4~6㎏ありますので、前傾姿勢の時、その重い頭を支えている首や肩の筋肉は常に緊張状態になければなりません。
こうして、相当な負担をかけ続けている結果、「こり」が引き起こされるのです。
この姿勢がしみ付いてしまうと、接骨院や整体院で電気を当ててもマッサージや揉みほぐしをしても治りません。
叩いたり揉んだり温めると、一時的に血行が良くなって和らぎますが、すぐに戻ってしまうのが実情です。
かえって症状が重症化する場合もあります。
肩こりから頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気、眼精疲労などを発症される方も多く、決して侮れないこの症状。
その「こり」の原因を肩だけの問題と決めつけず、全身のバランスを正しい位置に整えて、根本的に改善していきましょう。

ご予約はこちら

- 足・膝の痛み -

足・膝の痛み

原因としては、長期間のスポーツや仕事などで膝を酷使してきた人は膝自体に問題があることがほとんどです。
その他の原因として、姿勢が悪い人は身体の傾き、体重のかかる部位が偏り、膝に余計な負担をかけてしまうことがあります。
当院では、膝の治療として全体の姿勢調整、筋肉バランス調整の中で膝の原因をしっかり取り除いていきます。
痛みを放置していると、炎症を起こして水が溜まったり、半月板が圧迫を受けたりして歩行にも影響が出てきます。
運動を楽しく続けることができ、年齢を重ねても行動範囲を狭めることなく健康的に生活するために、膝のシグナルを無視しないでください。

ご予約はこちら

- O脚X脚 -

O脚XX脚

O脚X脚の原因には先天的なものと後天的なものがあります。
先天的なものにはケガや病気があり、後天的なものには生活習慣による姿勢の歪みや筋力のアンバランスなどがあります。
O脚X脚で見た目を気にされている方の多くが後天的に起こっていて、姿勢の崩れによって起こっている場合がほとんどです。
O脚X脚で悩まれている方は見た目で気にされている方がほとんどだと思いますが、実はそこには全身症状が隠れている場合が大変多いのです。 例えば、猫背の方は背骨が歪み身体が前傾姿勢になってきます。
その姿勢を保つために骨盤が後ろに傾き、内股傾向からだんだんO脚X脚のようになることがあります。
この場合、姿勢療法で全身の歪みを調整することにより、骨盤や股関節が正しいポジションに戻ることでO脚X脚が改善するケースがかなり多いです。

ご予約はこちら

- 骨盤矯正 -

骨盤矯正

身体の中心に存在する骨盤は、クッションや土台として、とても重要な役割を担っています。
当院での姿勢療法において、骨盤だけが歪んでいくのではなく、骨盤の歪みが全身のアンバランスにより 結果的に骨盤のズレが発生しているというエビデンスから、全身調整の中の一つとして骨盤の調整を行っております。
その結果、全身の可動域が増え、骨盤のズレで発生する神経圧迫、血液循環を改善する事で、ホルモンバランスが正常になり婦人科系の不調や下半身の冷えが改善されます。
また、筋肉バランスや代謝がUPすることで、美容やダイエット効果も期待できます。

ご予約はこちら

- 眼精疲労 -

眼精疲労

近年、「眼精疲労」を訴える方が大変多くなっています。
本来、目を使いすぎて目の周辺筋肉が疲労することで、 「疲れ目」という症状が出ます。この状態が休憩しても、寝ても治らないような慢性化した状態を眼精疲労と言います。
デスクワークやPC作業などを毎日続けていると眼精疲労になりやすいのですが、実は、かなりの確率で悪い姿勢によって引き起こされることが分かっています。
猫背のような悪い姿勢を続けることで、頭を支える首や肩、背中の筋肉が過緊張を起こし血流が低下します。
また、その筋肉の過緊張や頸椎のズレによって椎骨動脈を圧迫するため、脳への血流が悪くなり酸素不足の状態になってしまいます。

ご予約はこちら

- 女性の悩み -

女性の悩み

妊娠、出産に当たって産前産後の身体のケアは大変重要になってきます。
出産時に普段は固定されている骨盤の恥骨結合が開き、赤ちゃんが出てくる道がつくられます。
出産後はある程度まで自然に戻っていきますが、元々身体のゆがみがあった方、高齢出産をされた方、大きな赤ちゃんを出産された方などの場合ゆがみがひどくなり、元の状態に戻りにくい人もいます。
そのままの状態で生活していると、骨盤の傾きやひずみによって重心バランスがくずれ、周辺筋肉の動きが制限されるため、腰回りや下半身に脂肪がつきやすくなります。
また、前の太ももだけがパンパンにはってきたり、ふくらはぎの筋肉が固くなったり、筋肉のバランスも崩れてくるのでむくみやすくもなります。

ご予約はこちら

- 寝違え -

寝違え
寝違え=「炎症」が起こっている状態です。
首や肩の筋肉が「やけど」を起こして痛みが出ている様な状態のことで、程度にもよりますが1度起こすとその痛みは1週間位続きます。
寝違えの原因は?

  • ・寝方が悪かった
  • ・枕の位置が良くなかった
  • ・首や肩の筋肉に過度の緊張が起こっていた
  • ・起き上がる際に首を捻った、寝方が悪かった
睡眠時や寝転んでいる際に過度の負担がかかると寝違えを起こしやすくなります。
(頻繁に起こす人は別の原因が隠れている可能性があります)
その処置法はありますか?

炎症と痛みが治まりやすくなる処置が必要です。

  • 1. 痛みがある部分を冷やす
  • 2. 冷湿布を貼る
  • 3. お風呂などで温めないようにする
  • 4. 首をむやみに動かすことやストレッチは行わない
  • 5. 押したり揉んだりしない、痛みがある部分を冷やす
気になるからと言って触ったり動かしたりすると逆に悪化させてしまうので、出来るだけ安静にしましょう。
寝違えを頻繁に起こす人の原因

“ただ寝方が悪かった”というだけではありません。
寝違えを何度も起こす人は普段の体の状態が良くないということが言えます。
頻繁に寝違える人は日常生活で首や肩にかなり負担をかけている可能性があります。

  • ・ デスクワークの時間が長い
  • ・ 読書の時間が長い
  • ・ スマホをよく使う
  • ・ 猫背だと言われる
  • ・ 上を向いて眠れない
このような項目に当てはまる方は日常的に首にストレスがかかっています。
頸椎や背骨に歪みやズレが発生させるため正常な首の動きが出来なくなっているので、寝ている時や朝起き上がる時に瞬間的に痛めてしまいます。
このような場合は骨格調整によって姿勢のバランスを整える必要があります。
寝違えの痛みがなかなか良くならない方

下記のようなこのような方はかなり首の状態が悪い方です。
寝違えのズキズキした痛みはなくなったけど・・・

  • ・ 首を動かすと痛い
  • ・ 肩の張ったような痛みが治らない
  • ・ 朝から首こり肩こりがある
  • ・ 目が疲れやすい
  • ・ 頭痛が起こりやすい
  • ・ めまいや耳鳴りがする
このような方は早めに骨格矯正を受ける事をお勧めします。
寝違えた炎症の痛みではなく、ストレートネックになって過度の圧迫を受けていたり、骨のポジションが悪くて可動域が狭くなっていたりして痛みが出ている可能性があります。
放っておくと頸椎ヘルニアや狭窄症になりかねません。 そのままにしておくと・・・
  • ・ 腕や手の痛み・しびれ
  • ・ 握力低下
  • ・ 寝ていても痛みで起きてしまう

※なかなか寝違えが治らない方、よく寝違いを起こす方は一度、全身の歪みをチェックすることをお勧めします。

ご予約はこちら