トップに戻る
スポーツ障害

スポーツ障害について

スポーツ障害
スポーツ障害

スポーツ障害について、よく「使い過ぎ」が原因とされ、すぐに「安静」が主な治療の目的になることが多いようです。
使い過ぎで靭帯や腱、軟骨、さらには疲労骨折などの障害へとつながるとうい説明は単純明快で分かりやすい理屈ではありますが、それは本質的な原因ではなりませんし、その理屈には矛盾があります。
その矛盾は、同じように使っていても障害を起こする人と起こさない人がいるということ。また、以前には同じように使っていてもなにも問題がなかったのに、使う回数を増やしたわけではないのに障害が生じてしますということなどが挙げられます。

本来、関節という部位は、使うためにあります。筋肉の疲労が生じれば自然に使えなくなります。
その関節に痛みや炎症を生じさせるということは、関節がうまく機能していないのです。つまり、関節を構成する筋肉系、神経系のバランスが微妙に悪くなり、関節がスムーズにかみ合わなくなり、一部の靭帯や筋肉に負担をかけている状態なのです。

それらの原因を突き止め、痛みを早期回復に導くとともに、怪我をしにくい身体づくりを提案します。当院では、それぞれのアスリートが最高のパフォーマンスができるように、最高のサポートを提供します。
多くのスポーツ選手にご来院いただき、それぞれの競技で満足のいく活躍をしていただいております。

スポーツ障害の治療

スポーツ障害
スポーツ障害

下記のスポーツ障害でお悩みの方は当院にご相談下さい!

●サッカー選手の主なスポーツ障害
グロインペイン症候群 ・捻挫 ・膝の痛み
●野球選手の主なスポーツ障害
脇腹の痛み・背中のはり・野球肘・野球肩
●バスケット選手の主なスポーツ障害
足首の痛み・捻挫・膝の痛み・腰痛(ヘルニア)
●ゴルフプレイヤーの主なスポーツ障害
首の痛み・ゴルフ肘・腰痛(ヘルニア)
●バレーボール選手の主なスポーツ障害
肩の痛み・ジャンパー膝・捻挫
●テニスプレイヤーの主なスポーツ障害
テニス肘 ・手首痛(腱鞘炎)・捻挫